code
トップへ 特定商取引法 Q&A(よくあるご質問) お問い合わせ
code
エッセンシャルオイル


フレグランスオイル

植物オイル

植物バター





植物ワックス


クレイ

その他
◆ご配送料金につきまして(10000円以上お買い上げの場合わずかですがお値引がございます)
◆ご配送期間につきまして(7日以内のご発送となります)
◆ショッピングカートの操作、ポイントシステム、領収書の発行のご説明

ご注文からご発送までに流れ
ご発送をお急ぎのお客様につきまして
事業主様、個人様全てのお客様はご購入前に損害賠償等に関する重要事項をご覧ください
精油、フレグランスオイルには保護ラベルがご注文本数分付属します。
精油の注意事項、成分などにつきまして


ABC
DEFGHIJKL
MNOPQR
STUVWXYZ
・アミリス
・アニス
・アニススター
・バルサム ペルー
・バジル
・ベイラム
・ベンゾイン(安息香)
・ベルガモット
・バーチ
・ブラックペッパー
・カユプテ
・キャロットシード
・クミン
・カッシア
・キャットニップ
・シダーウッド・アトラス
・シダーウッド・ヴァージニア
シダーウッド・ヒマラヤン
・シダーウッド・テキサス
・カモミールジャーマン
・カモミール・ローマン
・シナモン
・シスタス
・シトロネラ
・クラリセージ
・クローブ・バッド
・カカオアブソリュート
・コパイバ
・コリアンダー
・コーンミント
・サイプレス
・ブルーサイプレス
・ダヴァナ
・ディル
・エレミ
・ユーカリ・シトリオドラ
・ユーカリ・グローブルス
・ユーカリ・ラディアータ
・フェンネル・スイート
・ファーニードル
・フランキンセンス
・ゼラニウム
・ジンジャー
・グレープフルーツ
・ヒバ
・ヒノキ
・イモーテル(ヘリクリサム)
・ジャスミン・アブソリュート
・ジュニパーベリー
・ラバンジン
・真正ラベンダー
・レモン
・レモングラス
・レモンマートル
・レモンティーツリー
・ライム
・リツエアクベバ
メリッサ(レモンバーム)
・マヌカ
・マジョラム
・マートル
・ミルラ
・ネロリ
・ニアウリ
・ナツメグ
・オポポナックス
・オレンジ・ビター
・オレンジ・スイート
・オレガノ
・パルマローザ
・パセリ
・パチュリ
・ペニーロイヤル
・ペパーミント
・プチグレン
・パイン・スコッチ
・ラベンサラ
・ロザリナ
・ローズ・アブソリュート
・ロース・マリー
・ローズ・ウッド
・セージ
・サンダルウッド
・スペアミント
・スパイクナード
・タジェット
・ティーツリー
・タイム・レッド
・ベチバー
・バイオレット アブソリュート
・ワームウッド
・ウインターグリーン
・ワームウッド
・ヤローブルー
・ヤローグリーン
・イランイラン・エクストラ
・イランイラン・Ⅰ
・イランイラン・Ⅲ
・カナンガオイル
お買い物カゴを確認する
【名前】 ダヴァナ
【英名】 Davana
【学名】 Artemisia pallens
【抽出部位】 全草
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 インド
3ml/¥560円
5ml/¥920円
10ml/¥1680円
30ml/¥4780円
ダヴァナ(ダバナ)はインドを原産とする植物で、全草から採油され、甘く洋酒を思わせるようなフルーティーな香りが楽しめます。世界的に非常に生産量が少く、また高価なオイルの一つでもあります。弊社のダヴァナは深い赤色をしています。 ダヴァナはカモミールなどよりも一般的に高価ですが、インドの製造元から航空便により直送していただく事により低価格を実現しております。

※30mlタイプは単品で4500円以上となりますのでお値引き対象外となっております。お値引き規定につきましてはこちらをご覧ください。


【名前】 ディルシード
【英名】 Dill Seed
【学名】 Anethum graveolens
【抽出部位】 種子
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 インド
5ml/¥300円
30ml/¥880円
※5mlからのご販売となりますのでご注意ください

液漏れなどを防ぐためディルオイルは他のオイルの瓶とは種類が異なる場合がありますのでご注意ください。

ディルは古代ギリシア人も薬用として使 用していたハーブで、主な原産は地中海 沿岸や西アジアとなります。微かに甘く、 ミントのような爽快な香りとスパイシーな香りが特徴です。

こちらのディルはシード(種)から採油されたオイルとなりまして、ウィード(草)から採油されてものと成分的には似ていますが、こちらはカルボン、リモネン、オイゲノール、アニスアルデヒド、チモールなどを含み香りはシード(種)の方がハーブ調の香りが強くなります。海外では個人の好みによって使い分けれています。

【名前】 ディルウィード
【英名】 Dill Weed
【学名】 Anethum graveolens
【抽出部位】 草
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 アメリカ
5ml/¥250円
30ml/¥700円
※5mlからのご販売となりますのでご注意ください

液漏れなどを防ぐためディルオイルは他のオイルの瓶とは種類が異なる場合がありますのでご注意ください。


ディルは古代ギリシア人も薬用として使 用していたハーブで、主な原産は地中海 沿岸や西アジアとなります。微かに甘く、 ミントのような爽快な香りとスパイシーな香りが特徴です。






【名前】 エレミ
【英名】 Elemi
【学名】 Canarium luzonicum
【抽出部位】 樹脂
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 フィリピン
10ml/¥660円
30ml/¥1480円
100ml/¥4400円
液漏れなどを防ぐためエレミオイルは他のオイルの瓶とは種類が異なる場合がありますのでご注意ください。


エレミはフランキンセンスのような香りに微かにレモンなどの香りを合わせたような心温まる香りがします。エッセンシャルオイルの中でもミルラやフランキンセンスに特性が似ているのでよく代用されるオイルでもあります。








【名前】 ユーカリ・シトリオドラ
【英名】 Eucalyptus citriodora
【学名】 Eucalyptus citriodora
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 ハイドロ式蒸留法
【産地】 マダガスカル
10ml/¥370円
30ml/¥660円
100ml/¥1480円
こちらのユーカリ・シトリオドラは採油方法はハイドロ式蒸留法となり、製造元からシトロネラール(citronellal)、シトロネロール (citronellol) の合計値が75-80%であると保証して頂いております(現在のロットのものは80%を超えております)

ユーカリ・シトリオドラは「レモンユーカリ」とも呼ばれレモンにも似た爽やかな香りの精油です。ユーカリ・グローブルスなどのユーカリ類とはまったく異なった香りとなります。

以前は水蒸気蒸留法での採油タイプをご販売しておりましたが現在のシトリオドラはハイドロ式蒸留法(熱水蒸留法)により採油されたオイルとなります。ハイドロ式蒸留法は、加水分解によりエステル類を容易に保持でき、高沸点の化合物まで採油することができるため、水蒸気蒸留法で採油されたタイプより、繊細いな芳香成分が取り出すことができます。
【名前】 ユーカリグローブルス(80/85タイプ)
【英名】 Eucalyptus globulus
【学名】 Eucalyptus globulus
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストラリア
【規格】80/85%タイプ
10ml/¥400円
30ml/¥760円
100ml/¥1790円
ユーカリの種類は500種類以上あるとされていますが、このグローブルスはもっともポピュラーな精油でも あります。香りは染み渡るようなツンとした透明感のある香りです。品質の良いオーストラリア産となります。
こちらは80/85タイプとなりましてシネオールが80%~85%含まれております。

※価格は非常に高価ですがオーストラリア産の最高品質のユーカリとなります。

※ユーカリオイルはプラスチックへの親和性が高いため通常の精油用とは異なる瓶での納品となります(蓋の後ろに保護シートが入っているタイプとなります)日本製の品質の高い瓶ではございますがキャップに封があるタイプではなく何卒ご注意いただきますようお願いいたします。



【名前】 ユーカリ・グローブルス
【英名】 Eucalyptus globulus
【学名】 Eucalyptus globulus
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 インド
【規格】80%タイプ
10ml/¥290円
30ml/¥480円
100ml/¥980円
こちらのユーカリグローブルスはインド産となりましてシネオールの値は80%以上保証タイプとなります。オーストラリア産同様透明感のある澄んだ香りとなります。インドの製造会社から大量の直輸入しており低価格でのご提供が可能となりました。業者様から個人の方まで幅広くお使いいただけます。

※ユーカリオイルはプラスチックへの親和性が高いため通常の精油用とは異なる瓶での納品となる場合があります(蓋の後ろに保護シートが入っているタイプとなります)日本製の品質の高い瓶ではございますがキャップに封があるタイプではなく何卒ご注意いただきますようお願いいたします。

シネオールが非常に高い値となりますのでオーストラリア産と体感的な香りは非常に似ていますが、その他の微量な成分構成などは異なります。体感的な香りに違いは感じにくいですがわずかにインド産の方がシンプルに感じるかもしれません。こだわる方などはオーストラリア産をお試しください。

【名前】 ユーカリ・ラディアータ
【英名】 Eucalyptus radiata
【学名】 Eucalyptus radiata
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストラリア
10ml/¥400円
30ml/¥760円
100ml/¥1790円
ユーカリラディアータはユーカリの中では刺激が少なく、マイルドな精油となります。グローブルスは比較的シンプルな香りですがラディアータは少し特有の甘い香りが特に目立ちます。またオーストラリアの製造元から大量に買い付けておりますので低価格が実現しており、品質に関しましても大変良いものとなりますので一度お試しください

※ユーカリオイルはプラスチックへの親和性が高いため通常の精油用とは異なる瓶での納品となります(蓋の後ろに保護シートが入っているタイプとなります)日本製の品質の高い瓶ではございますがキャップに封があるタイプではなく何卒ご注意いただきますようお願いいたします。


【名前】 フェンネル・スイート
【英名】 Fennel sweet
【学名】 Foeniculum vulgare
【抽出部位】 種子
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 エジプト
10ml/¥380円
30ml/¥780円
100ml/¥1940円
フェンネルはハーブ系でありながらとても甘くフローラルな香りが楽しめる精油です。フェンネルシードの精油はその性質上、極端な低温で一部の成分が分離(結晶化)する可能性があります。冬などは、運送中などにどうしてもしても低温になる場合がありまして、まれに結晶化したものが瓶の中に見える場合がありますが、品質には問題ありません。(アニスなども低温で結晶化します)







【名前】 ファーニードル(バルサム)
【英名】 Fir needle(Balsam)
【学名】 Abies balsamea
【抽出部位】 針葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 カナダ
10ml/¥400円
30ml/¥980円
100ml/¥2700円
こちらのファーニードルはマツ科の常緑樹でいわゆるモミの木と呼ばれるものです。主として北国で生育している種類ですが、カナダのケベックやアメリカのNova地方などで良く見られます。特にカナダ産はカナダタイプと呼ばれ品質的にも良いとされています。かつてはインディアン達がこのモミの樹脂を医薬品などにつかったりした事でも有名で、ギリアドバルサムの名で聖書などにも記載されています。植物は主に建築材料や香料業界で頻繁に利用されいます。香りはβ-ピネン、α-ピネン、β-フェランドレン、リモネンなどが大半を占めており、別名バルサムファーとも呼ばれます。
【名前】 ファーニードル(シルバー)
【英名】 Fir needle(Silver)
【学名】 Abies alba
【抽出部位】 針葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストリア
10ml/¥350円
30ml/¥780円
100ml/¥2100円
こちらのファーニードルは学名Abiesとなりますがこれはギリシャ語のabisからきています。主に北ヨーロッパの山岳地帯によく見られ、別名ファーニードルシルバー、ホワイトと呼ばれる事があります。これは樹皮が銀灰色をしており、鱗のようにも見える事からそう呼ばれます。α-ピネン、リモネン、β-ピネン、カンフェン、酢酸ボルニルなどで構成されていますが、他のファーニードルより若干異なった香りが楽しめます。


【名前】 ファーニードル(シベリアモミ)
【英名】 Fir needle(Siberian)
【学名】 Abies siberica
【抽出部位】 針葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 ロシア(シベリア)
10ml/¥260円
30ml/¥490円
100ml/¥1280円
こちらのファーニードルは主にシベリアで生育している種類で、シベリアモミとも呼ばれます。針葉(ニードル)から採油されるオイルはスパイシーでとてもフレッシュな香りがします。精油の色は透明に近いですが少し緑がかった色となります。。シベリアモミは価格的にもお求め安く、香りも良いので初心者の方にはお勧めです。

※同じマツ科にパインオイル(スコッチタイプ)などもあります。こちらもファーニードルに大変香りが近いものとなりますがパインスコッチの方が高価なオイルとなります。

【名前】 フランキンセンス(ファインタイプ)
【英名】 Frankincense(Fin type)
【学名】 Boswellia frereana
【抽出部位】 樹脂
【抽出方法】 ハイドロ式蒸留法
【産地】 ソマリア
3ml/¥720円
5ml/¥1020円
10ml/¥1760円
30ml/¥4680円
100ml/¥13900円
250ml/¥未定
※仕入先変更のためしばらくの間ご販売をお休みいたします(在庫限りとなります)


※フランキンセンスオイルは瓶の形状が他の精油とは異なる場合があります。
※学名がBoswellia frereana (ボスウェリアフレレアーナ)となります。

フランキンセンスの産地としてはソマリア産、オマーン産は品質が特に良い事で知られ、最高級のフランキンセンスとなります。香りは他のフランキンセンスと比べると少しフルーティーでスパイ720シーな香りが特徴です。当店のファインタイプはどちらも製造元から直接買い付けており価格が非常にお安くなっておりますがフランキンセンスとしては最高品質となります(これ以上の品質のものは無いかと思います)

こちらのフランキンセンスオイルはハイドロ式蒸留法(熱水蒸留法)により採油されたオイルとなります。ハイドロ式蒸留法は、加水分解によりエステル類を容易に保持でき、高沸点の化合物まで採油することができるため、水蒸気蒸留法で採油されたタイプより、多くの芳香成分が取り出すことができます。そのため水蒸気蒸留法のタイプよりフランキンセンスの特有の甘い香りが強くでます。植物により最適な採油方法は異なりますがフランキンセンスにつきましてはこの方法が最適と製造元からも説明を受けております。

フランキンセンスの内容量に関しまして比重は摂氏20°Cの状況下で0.86-0.91の間となっております。(0.91gが1mlとなります。)専用の天秤を使い重量にて製造させていただいており、5mlの場合ですと5×0.91g=4.55gとなりますが弊社では4.60g(約5.054ml)となるように製造させていただいております。
5mlタイプは4.60g
10mlタイプは9.20g
30mlタイプは27.6g


※フランキンセンス(ファインタイプ)100mlタイプなどのように、単品で4500円以上となる商品はお値引き対象外となっておりますのでどうぞご注意ください。




【名前】 フランキンセンス(ファインタイプ)
【英名】 Frankincense(Fin type)
【学名】 Boswellia carterii
【抽出部位】 樹脂
【抽出方法】 ハイドロ式蒸留法
【産地】 ソマリア
3ml/¥650円
5ml/¥890円
10ml/¥1580円
30ml/¥3980円
100ml/¥11800円
250ml/¥未定
※仕入先変更のためしばらくの間ご販売をお休みいたします(在庫限りとなります)


※フランキンセンスオイルは瓶の形状が他の精油とは異なる場合があります。
※学名がBoswellia carterii (ボスウェリアカルテリ)となります。
※ファインタイプは原料(乳香)の選別段階でくすんでいたり、不純物が含まれていたりするものは取り除かれて採油されます。色も非常に淡い黄色となります(低品質なものは琥珀が強く、オレンジ色がかっていたりします)

※Boswellia frereanより若干お安いですが品質の差ではなく流通量などの関係により価格差があります。初めての方などはこちらのBoswellia carteriiをご購入ください。

Boswelliaは多くの種類がありますが、商業的に用いられるのは数種類程度であり、Boswellia carteriiは中近東、アラビアなどで日用的に使われる代表的なフランキンセンスでもあります。大変高価ですがファインタイプのcarterii はとても濃厚で良い香りがします。 当店のファインタイプはどちらも製造元から直接買い付けており価格が非常にお安くなっておりますがフランキンセンスとしては最高品質となります(これ以上の品質のものは無いかと思います)

こちらのフランキンセンスオイルはハイドロ式蒸留法(熱水蒸留法)により採油されたオイルとなります。ハイドロ式蒸留法は、加水分解によりエステル類を容易に保持でき、高沸点の化合物まで採油することができるため、水蒸気蒸留法で採油されたタイプより、多くの芳香成分が取り出すことができます。そのため水蒸気蒸留法のタイプよりフランキンセンスの特有の甘い香りが強くでます。植物により最適な採油方法は異なりますがフランキンセンスにつきましてはこの方法が最適と製造元からも説明を受けております。

フランキンセンスの内容量に関しまして比重は摂氏20°Cの状況下で0.86-0.91の間となっております。(0.91gが1mlとなります。)専用の天秤を使い重量にて製造させていただいており、5mlの場合ですと5×0.91g=4.55gとなりますが弊社では4.60g(約5.054ml)となるように製造させていただいております。
5mlタイプは4.60g
10mlタイプは9.20g
30mlタイプは27.6g
【名前】 フランキンセンス(CGタイプ)
【英名】 Frankincense(CGタイプ)
【学名】 Boswellia serrata
【抽出部位】 樹脂
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 インド
5ml/¥360円
10ml/¥570円
30ml/¥1270円
100ml/¥3430円
こちらのフランキンセンスオイル(乳香)は学名がBoswellia serrata(ボスウェリアセラータ)となり、産地としてはインドの西部から中央部によく見られ、インドのアーユルヴェーダ医学にも使われる大変歴史の長いオイルとなります。古くから芳香、化粧品として親しまれ、関節炎、炎症、高脂血症などの治療薬として重宝されてきました。

こちらのserrataはコマーシャルグレードタイプ(CGタイプ)となります。弊社のファインタイプのフランキンセンスは原料(乳香)の選別段階でくすんでいたり、不純物が含まれているものは取り除かれ採油されますが、こちらは全て採油対象となります。そのためロット間で若干香りに差があります。また水蒸気蒸留法で採油されているためハイドロ式蒸留法に比べ香りの質も若干落ちます。

※コマーシャルグレードは大量消費に向いた業者向けタイプとなりまして現地のインドではこちらのグレードのserrata一般的にアロマなどで使用され人気があります。精油の色は
強い琥珀色(赤色)などではなく淡い黄色となっており品質の良い物になります。お風呂に入れて頂いたり石鹸の材料などに最適です。

※当店のソマリア産のハイドロ式蒸留法と比べると香りにはやはりかなりの差があります。初めての方は少しお値段が高くなりますが当店のBoswellia carteriiをご購入ください。

【名前】 ゼラニウム・ブルボン
【英名】 Geranium Bourbon
【学名】 pelargonium graveolens
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 フランス(ブルボン島)
10ml/¥480円
30ml/¥1280円
100ml/¥3400円
在庫切れとなります。お問い合わせ頂きましても入荷時期などはお知らせできません。


※エジプト産とブルボン産は香りがかなり異なります のでご注意ください。

ゼラニウム・ブルボンはフランスのブルボン島(レユニオン島)に咲くゼラニウムから採油されたゼラニウムとなります。ゼラニウムはその産地により成分が大きく変わり、特にブルボン島(レユニオン島)産のものは世界的にみて最も高価で品質が良い産地の1つとして有名です。特徴としては香りの成分でもあるcitronnellolなどの成分がエジプト産に比べ低い傾向があり他の微量な成分比率が高い傾向があります。エジプト産の濃厚な香りと比べるとその違いがよく分かるかと思います。また弊社のエジプト産は緑がかった濃い黄色をしていますがこちらは淡い緑色をしています。 ゼラニウムとローズゼラニウムの違いと詳しい説明はこちらを読みください。











【名前】 ゼラニウム
【英名】 Geranium
【学名】 Pelargonium graveolens
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 エジプト
10ml/¥420円
30ml/¥880円
100ml/¥2380円
250ml/¥5200円


※エジプトの製造元から直接大量に買い付けたため、大変お求めやすい価格になっております。一口にエジプト産と言いましても製造元によっても品質にも差があり、弊社では多くのサンプルの中から最も濃厚で甘い香りが強い高品質なゼラニウムを仕入れております。

ゼラニウムはバラを思わせる甘い香りが特徴で柑橘系のような心地よい香りです。弊社のエジプト産ゼラニウムは濃い緑がかった黄色~濃い黄色となります。ブルボン産や他の産地のものと比べ香りが非常に濃厚で、ブルボン産はそのブランド名から国際価格が非常に高いですが、香りの濃厚さなど考えますとエジプト産を非常にお薦めしております。

製造元検査による成分保証書(ガスクロマトグラフによる成分結果となります)
シトロネロール 28.5%-34%
ゲラニオール 12%-16.4%
リナロール 5.8%-8.2%
イソメントン 4.5%-8.6%
ギ酸シトロネリル 5.2%-9.6%
10-epi-gamma eudesmol 3.2%-5.2%

学名がpelargonium graveolensのものは別名ローズゼラニウムとも呼ばれています。ゼラニウムとローズゼラニウムの違いと詳しい説明はこちらを読みください。

【名前】 ジンジャー(ファインタイプ)
【英名】 Ginger
【学名】 Zingiber officinale
【抽出部位】 根茎
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 フランス
5ml/¥330円
10ml/¥460円
30ml/¥1180円
100ml/¥3280円
こちらは大変品質の良いフランス産となります。香りはとてもスパイシーで甘い香りが強く高品質なジンジャーオイルとなります。中国産より少し香りが濃厚となり、また色が濃くよりゴールデン色が強くなっています。

※中国産と比べ体感的に違う程度の差はありますがこだわらない方はお安い方をご購入ください。
※ジンジャーは淡い黄色のものより濃いゴールデン色の方が市場価格が上がる傾向があります。
※5mlからのご販売となりますのでご注意ください。
【名前】 ジンジャー(スタンダードタイプ)
【英名】 Ginger
【学名】 Zingiber officinale
【抽出部位】 根茎
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 中国
5ml/¥260円
10ml/¥370円
30ml/¥850円
100ml/¥2200円
とてもスパイシーで濃厚なジンジャーオイルとなります。わずかにフランス産より香りが軽くなりますが体感的にもかなり近く、通常使用でしたらこちらのスダンダードタイプで問題ありません。

※色はフランス産より淡くなります。





【名前】 グレープフルーツ(ピンク)
【英名】 Grapefruit
【学名】 Citrus paradise
【抽出部位】 果皮
【抽出方法】 低温圧搾法
【産地】 カナダ産
10ml/¥420円
30ml/¥940円
100ml/¥2420円
250ml/¥5400円
こちらのグレープフルーツオイルはカナダ産となります。基本的にグレープフルーツオイルピンクは苦味と甘味が強いものが高品質となりますが、こちらのカナダ産のグレープフルーツはフレッシュな香りも強くおすすめとなります。圧搾製造者から航空便で直接買い付けておりましてかなり価格が抑えられ大量にお使いになられる業者様にもお勧めです。
※グレープフルーツオイルに関しましては品質保持の観点からアジア産ではなくアメリカ産、カナダ産、もしくはヨーロッパ産のみ取り扱っております。現在はカナダ産のグレープフルーツを取り扱っておりまして時期により予告なく変更させていただいております。どの産地でも十分な検品を行っておりまして産地による香りの差はありません。

※色は全ての産地において濃い赤色をしています。
※250mlタイプはドロッパー栓が付属していないHDPEのプラスチック容器となります。
【名前】 グレープフルーツ(ホワイト)
【英名】 Grapefruit
【学名】 Citrus paradise
【抽出部位】 果皮
【抽出方法】 低温圧搾法
【産地】 アメリカ産
10ml/¥530円
30ml/¥1100円
100ml/¥2910円
ホワイトグレープフルーツオイルには、ピンクタイプよりも甘くなく、フレッシュな香りが楽しめます。 ホワイトグレープフルーツオイルは、非常に多くのモノテルペンを含み、特にd-リモネンの成分比率が高のが特徴です。 他にもアルデヒドC8およびC10、ゲラニオール、カジネン、シトラール、およびアントラニル酸ジメチルなどの成分も含まれます。


※高品質なアメリカ産となります。







【名前】 ヒバ
【英名】 Hiba
【学名】 Thujopsis dolabrata
【抽出部位】 木部
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 日本(青森産)
10ml/¥380円
30ml/¥850円
100ml/¥1950円
青森産の100%天然ヒバ精油となります。ヒバもヒノキ科の樹木でヒノキチオールという抗菌成分を多量含んでいます。(ヒノキオイルにはヒノキチオールはほとんど含まれておらずヒバ特有の成分となります)

お部屋のアロマ用やお風呂に入れていただき森林浴などに使っていただくとヒバの香りでいっぱいになります。
価格もお安く、ヒノキとはまた違った香りがあり当店でもとても人気のある精油となります。

※大量仕入れで価格がお安くなっております。

【名前】 ヒノキ(ファインタイプ)
【英名】 Hinoki
【学名】 Chamaecyparis obtusa
【抽出部位】 木部(間伐材)
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 日本
10ml/¥540円
30ml/¥1180円
100ml/¥2880円
こちらのヒノキオイルは間伐材から採油された精油となります。間伐材とは森林の成長過程で密集化する立木を間引く間伐の過程で発生する木材となり、採伐してからすぐ採油するため軽沸成分(香気成分)が多く含まれ、トップ香り立ちが良くとても強いヒノキの香りがします。色は無色透明に近く粘度も非常に低くなります。大変高品質でアロマ用としておすすめです。



※ファインタイプの間伐材から採油されたヒノキオイルの方が香り立が良く、強い香りがします、アロマ用としても最適で、価格もそれほど変わらないので通常はファインタイプをご購入ください。









【名前】 ヒノキ
【英名】 Hinoki
【学名】 Chamaecyparis obtusa
【抽出部位】 木部(建材などの端材)
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 日本
10ml/¥440円
30ml/¥980円
100ml/¥2580円

こちらのヒノキオイルは建材用の端材から抽出されたオイルとなります。採伐から一定期間乾燥させられ時間が経った木材の端材が原料ですので軽沸成分より、重沸成分が多くなります(香気成分で先に揮発する成分を軽、後に揮発するのが重とイメージすると分かりやすいかと思います)ファインタイプに比べ少し落ち着いた香りで、ファインタイプに比べ粘度が少し強くなり、色も少し黄色がかっていますが檜風呂などを思わせるとても良い香りです


※こちらのヒノキオイルは重沸成分が多く含まれるので香り立ちはファインタイプに少し劣ります。反面、揮発が遅い成分が多いので香りが残りやすくお部屋のフレグランス用でしたらこちらのも良いかと思います。

※ファインタイプと価格もそれほど変わりませんので初心者の方などはファインタイプをご購入ください。ただどちらも高品質なオイルとなりまして、双方大きな香りの違いはありません。比べないとその違いには気が付きにくいほどです。


【名前】 イモーテル(ヘリクリサム)
【英名】 Immortelle
【学名】 Helichrysum Italicum
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 アルバニア共和国
2ml/¥760円
5ml/¥1680円
10ml/¥2880円
30ml/¥7980円
イモーテルは別名「ヘリクリサム」「カレープラント」とも呼ばれキク科の花となります(和名は永久花となります) イモーテルは香水や石鹸の香料として重宝され 抗炎症作用や体の治療薬としてヨーロッパで古くから親しまれてきました。香りは少しハーブ調でありながらスパイシーさと独創的な甘い花の香りがします。

弊社のイモーテルはヨーロッパ地方にあるアルバニア共和国の農場で、イモーテルを古くから専門に栽培している生産者から直接卸して頂いております。そのため 大変お求めやすいお値段となっておりますが、品質につきましても大変良く、強い甘い香りがします。よろしければぜひ一度お試しください。 またこちらの農場はイモーテルのオーガニック認定を取得しており、オーガニック証明書なども弊社に提示して頂いておりますが流通情報が記載されているため 大変申し訳ございませんが証明書の方はお客様にお出ししておりません。何卒ご理解頂ますようお願い致します。

※英名が沢山ありますが、最も一般的なイモーテルで表記させて頂いております。本来、英語の正式名称はcurry plant(カレープラント)となります。




【名前】 ジャスミン・アブソリュート
【学名】 ジャスミン・グランディフローラム
【英名】 Jasmine absolute
【学名】 Jasminum grandiflorum
【抽出部位】 花
【抽出方法】 溶剤抽出法
【産地】 エジプト


1ml/¥890円
3ml/¥2480円
10ml/¥7280円
30ml/¥19800円
こちらのジャスミン・アブソリュートオイルはロウ成分は一切含まれず透明で純粋な精油成分のみとなります。


ジャスミンはとても甘く、エキゾチックな香りで、とても香りが強く少量でもとても効果的です。ジャスミン は、採取できる量が非常に少ないため、高価なエッセ ンシャルオイルです。こちらはジャスミンの中でも人気のあるグランディフローラムとなります。エジプトでも古くからジャスミンを栽培している製造元ですので全てのロットで品質も高く安心してお使いできます。成分表も製造元から提供されています。 ジャスミンブソリュートの内容量に関しまして、弊社のジャスミンアブソリュートの比重は摂氏20°Cの状況下で0.948となっております。(0.948gが1mlとなります。)ジャスミンは大変高価なオイルとなりできる限り厳密に入れさせていただくため専用の天秤を使い重量にて製造させていただいております。当店では1mlを0.95gとして小分けさせて頂いております。

1mlタイプは1mlあたり810円(0.95g)
3mlタイプは1mlあたり660円(2.85g)
10mlタイプは1mlあたり580円(9.5g)
30mlタイプは1mlあたり560円(28.5g) ※grandiflorumはグランドフロルムなど若干販売元によって呼び方(発音)が異なる場合がありますが同じものとなります。10mlタイプ以上は単品で4500円以上となりますので原則お値引き適用外となります。


製造元提供のジャスミングランディフローラムの成分表となります。

【名前】 ジャスミン・アブソリュート(CGタイプ)
【学名】 ジャスミン・グランディフローラム
【英名】 Jasmine absolute
【学名】 Jasminum grandiflorum
【抽出部位】 花
【抽出方法】 溶剤抽出法
【産地】 エジプト
1ml/¥690円
3ml/¥1880円
10ml/¥5440円
30ml/¥15800円
こちらのジャスミン・アブソリュートオイルはコマーシャルグレードとなります(CGタイプ)

ジャスミン・アブソリュートオイルはジャスミの花びらを炭化水素溶媒に浸し、成分を溶剤に移したあと、溶剤を揮発させると、精油成分とジャスミンに含まれる天然ロウ成分の固形物が残ります。これをコンクリートと呼び、このコンクリートにエーテル(エタノール)を加え、マイナス10度以下に冷却してから、ワックス成分を固化させ、冷濾過によりロウ成分を取り除くことで純粋な透明なアブソリュートが取り出せます。


このコマーシャルグレードはこの天然ロウ成分を10%~15%程度残し、価格的にお使いしやすくしたタイプとなります。

※通常のジャスミン・アブソリュートタイプと製造元が異なります。ただ香りに違いは無く、高品質なジャスミン・アブソリュートオイルとなります。

※天然ロウ成分が少し残っているため透明度はありますが色に少し濁りがあります。また冬などは少し粘度がでます。

オイル自体はジャスミンの天然成分のみで構成されていますので通常のジャスミン・アブソリュートオイルと香り自体に違いは無く初めての方などはこちらで問題ないかと思います。ロウ成分は残っていますが価格がそれ以上にお安いため通常のジャスミン・アブソリュートオイルよりお得になっております。※申し訳ございません、こちらはサービス品となりまして全ての容量でお値引き適用外となっております。

【名前】 ジュニパーベリー
【英名】 Juniperberry
【学名】 Juniperus communis
【抽出部位】 液果
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 ユーゴスラビア
10ml/¥490円
30ml/¥1190円
100ml/¥3350円


ジュニパーベリーは樹木のさわやかな香りがします。抽出部位はジュニパーの液果(ベリー)から取る精油と枝や葉から採油されるジュニパーという精油もあります。品質の良いユーゴスラビア産となります。






【名前】 ラバンジン グロッソ
【英名】 Lavandin grosso
【学名】 Lavendula hybrida grosso
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 フランス
10ml/¥440円
30ml/¥890円
100ml/¥2300円
250ml/¥5180円
ラバンジンはラベンダーの一種であり、真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種です。真正ラベンダーエクストラファイン、ブルガリアタイプと比べると甘い香りが弱いですが、香りがかなりくっきりしているのが特徴です。40/42タイプと比べても香りがはっきりしている分強く感じますのでよろしければ一度お試しください。



※250mlタイプはドロッパー栓が付属しないプラスチック容器での納品となります

【名前】 真正ラベンダー(ファインタイプ)
【英名】 Lavender fine type
【学名】 Lavandula angustifolia
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 ブルガリア
10ml/¥400円
30ml/¥790円
100ml/¥1980円
250ml/¥4480円
こちらのブルガリア産ラベンダーはブルガリアで1960年代からラベンダーオイルを製造している栽培者から仕入れており、最高品質のラベンダーとなります。採油する際に茎や葉などでななく、花を中心に採油しており、また無駄に長く採油して採油量を増やすなど行わないため、非常に強い甘い香りがします。

ブルガリア産のラベンダーは世界的に見ても非常に高品質で評価が高く市場でも高額で取引されます。栽培から製造までを行っている生産者から直接大量に輸入しましたので価格、品質につきましてもご満足いただけると思います。



※2022年現在、ドルとユーロなどの急激な為替変化(ブルガリアはユーロ決済、他のラベンダーはドル決済となります)、アメリカやフランスでのインフレ、またこちらのファインタイプは数百キロ単位での大量仕入れなどにより仕入れ価格が40/42タイプやグロッソなどより有利になっておりとてもおすすめです。品質的には以前と変化はありませんのでどうぞご注意ください。為替状況により価格は常に見直しがございますのでお好みのラベンダーをお選びください。




※40/42タイプとは香りが大きく異なります。
※ファインとは優れたという意味となります。
製造元から提出された成分表となります。
※250mlタイプはドロッパー栓が付属しないプラスチック容器での納品となります。



































【名前】 真正ラベンダー40/42
【英名】 Lavender 40/42
【学名】 
【抽出部位】 花
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 フランス
10ml/¥330円
30ml/¥640円
118ml/¥1780円
250ml/¥3480円
※真正ラベンダー40/42につきまして100mlを複数本ご購入される方が非常に多いため容量が多い118mlタイプの瓶に変更になりました。他の100mlタイプと瓶の形状は少し異なりますが日本製遮光瓶となりドロッパー栓も付属しております。

ラベンダー40/42につきましての生産方法などは以下となります。全て天然成分ではありますが複数ラベンダーとのブレンドである事にご注意ください。

ラベンダー40/42とは、ラベンダーの主要な芳香化合物であるリナロールを40%、酢酸リナリルを42%となるように天然のラベンダーと天然単離化合物をブレンドして調整製造された精油という意味となります(リナロールと酢酸リナリルを合わせてたパーセンテージが40-42%の間という意味ではありません)ブレンドされるラベンダーはLavender Angstifolia、Lavandula officinalis、Lavandin Grosso、Lavandula latifolia、Lavandula stoechas、などから生産者によって選択されます。
天然単離化合物とは当店で販売されているローズウッドにも記載がありますが植物(精油)などから化合物を分離した成分となり、100%天然の成分のみで構成された化合物となります。その組成や芳香のおいて天然精油成分との違いは基本的にありません。

注意が必要なのは通常天然のラベンダー精油のみをブレンドした40/42のラベンダーは存在し得ません(天然ラベンダーのブレンドのみでは40/42の成分比率は通常達成できません)、必ず精油と天然単離化合物とブレンドされ製造されます。例えばリナロールの現実的な最大値はangustifolia45%、officinalis45%、Grosso28%、latifolia43%、stoechas2%程度となりますが、通常angustifoliaであってもリナロールは平均30%-40%程度で通常の天然のラベンダーをどうブレンドしてもリナロール40%にはできません。もしできた場合その構成成分のほとんどがangustifoliaとなり通常のトゥルーラベンダーより安くなるのは非現実的となります。(45%などの上記のパーセンテージはあくまで最大値となり通常見かけることは無い値となります)

一部海外ではラベンダー40/42は混ぜ物であり本物ではないと主張するセラピストもいますが、40/42タイプの成分は全て天然成分で構成されており偽物ということではなく、あくまで主要成分は天然のラベンダーで構成し、単離化合物により必要な成分を補い、そのメリットにより今では非常にポピュラーな精油となりました。多くの石鹸を作るメーカやキャンドルメーカではそのほとんどが40/42タイプを好んで使用しています。理由はバッチ間での香りのバラつきを最小限に抑え、香りの一貫性を確保し、最終的な製品を均一化できる点が理由として上げられます。特に価格的にもお安く、年間を通して価格が安定している点などが大きいと思われます。

日本、海外を含め全ての40/42タイプのラベンダーは上記の説明が基本的に当てはまります。例えば学名がangustifolia単一の40/42タイプのラベンダーというものは無く全て天然化合物とのブレンドとなります。

※ただ精油は主要な成分以外に微量な何十、何百種類の成分によって構成されており、天然化合物のみをブレンドしたオイルとはまた違った効果などがあると思います。

40/42タイプはブルガリア産と比べると全体的に香りが軽くなりますが、ルーム用や手作り製品などの香り付けなどに幅広くお使いいただけます。リナロールや酢酸リナリルは重要な芳香成分ではありますが大量に含まれていても、通常のブルガリア産のラベンダーのような強い甘い芳香はしません。

※250mlタイプはドロッパー栓が付属しないプラスチック容器での納品となります


【名前】 レモン
【英名】 Lemon
【学名】 Citrus limonum
【抽出部位】 果皮
【抽出方法】 低温圧搾法
【産地】 オーストラリア
10ml/¥300円
30ml/¥520円
100ml/¥1240円
250ml/¥2780円
昔からビタミンCの補給として利用されてきたレモンですが、その香りは甘酸っぱく爽快感のある香りが特徴です。品質の良いオーストラリア産となります。


※250mlタイプはドロッパー栓が付属しないプラスチック容器での納品となります。
【名前】 レモンマートル(スタンダードグレード)
【英名】 Lemon myrtle(SDグレード)
【学名】 Backhousia citriodora
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストラリア
5ml/¥460円
10ml/¥660円
30ml/¥1580円

こちらのレモンマートルもオーストラリア産となりますが大量使用に向いたSDグレード(スタンダードグレード)となり、、ファインタイプと比べレモンマートル独特の甘いレモン調の香りが少し軽くなります。石鹸の香り付け、お部屋のフレグランス用などにはピッタリで、こだわらない方はこちらをお試しください。レモンマートルはその多くがシトラールで構成されておりレモングラスより澄んだ香りになります。

※2022年5月よりご販売が開始しました。
レモン調の香りでは下記のようなオイルがありましてその成分の違いなどをこちらで簡単に説明しております。
レモングラス
レモンマートル
メリッサオイル(レモンバーム)
レモンティーツリー



※以前はコマーシャルグレードと名前でしたが、スタンダードグレードに変更となりました。

品質的には以下のようになります。
ファイングレード>スタンダードグレード>コマーシャルグレード

製造方法などが異なったり、成分比率が異なるタイプなどは「オリジナルタイプ」などと表記させて頂いております。


【名前】 レモンマートル(ファインタイプ)
【英名】 Lemon myrtle(Fin type)
【学名】 Backhousia citriodora
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストラリア
5ml/¥740円
10ml/¥1190円
30ml/¥2880円
レモンマートルは甘いレモンのような芳香性があり、とても良い香りが楽しめます。ファインタイプはコマーシャルグレードタイプに比べさらに強い甘いレモン調の香りがあり、最高品質のレモンマートルとなります。

ただ全体的な香りが強く感じますが製品の香り付けにする場合や大量に使用する場合は価格的にも有利なコマーシャルグレードを一度お試しください。

※以前までご販売していたのはこちらのファインタイプとなります。ファインタイプのレモンマートルが非常に高騰しておりまして大量使用者様向けにCGタイプをご用意しました

















【名前】 レモングラス(75/85)
【英名】 Lemongrass
【学名】 Cymbopogon flexuosus
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【規格】citral 75-85%保証タイプ
【産地】 インド
10ml/¥350円
30ml/¥620円
100ml/¥1420円
250ml/¥3120円
こちらのレモングラスはレッドグラス(Cymbopogon flexuosus)となりましてシトラールー(citral)の保有量が75-85%の間であることを保証して頂いており全ロットで非常に高いシトラールの保有率となります。ゲラニアール、ネラールの合計成分が75%以上)ゲラニアールは強いレモン臭があります。ネラールもレモン臭を持ちますが比較的弱く、その代わり強い甘い香りがします)レモングラスの茎が赤みを帯びているものをレッドグラス(Cymbopogon flexuosus)と呼び、茎の白いものをホワイトグラス(Cymbopogon citratus)と呼びます。


※250mlタイプはドロッパー栓が付属しないプラスチック容器での納品となります。






















【名前】 レモンティーツリー
【英名】 Lemon tea tree
【学名】 Leptospermum petersonii
【抽出部位】 葉、枝
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【産地】 オーストラリア

5ml/¥500円
10ml/¥890円
レモンティーツリーは葉や枝から採油されるオイルですが、レモングラスやレモンマートルと同様甘みのあるレモン調の香りとシトロネラやユーカリシトリオドラのような少しウィード調の香りもします(よく海外ではレモングラスとシトロネラを合わせたような香りと表現されますが、ゲラニアールの比率が高いためレモングラスより甘さが弱くレモン調の香りが強くなります) 標準的な成分はシトラールが40-60%程度となり、シトロネラールが20%前後含まれます。このシトロネラールがウィード調の香りを作り出し、シトラールが甘いレモンの香りを作りだしています。

こちらのレモンティーツリーはシトラール40-50%程度、シトロネラール15%-20%程度の標準的なタイプとなります。レモンの香りが主ですが少しだけ草のようなシトロネラールの香りが重なって感じられます。レモンティーツリーも製造元によりかなり香りの幅がある精油ですが、シトロネラールがほとんど入っていないものはレモンマートルを少し軽くしたようなシンプルな香りになり、シトロネラールが多すぎるとかなりウィード調の香りがかなり強くなります(ユーカリシトリオドラやシトロネラに香りが近づきます)

お好みにもよりますが良い品質のレモンティーツリーはこの2つの成分がどちらもしっかり感じ取れるものが良いと思います。シンプルな甘いレモンの香りが好きな方はレモンマートルをおすすめします。

※余談ではありますが弊社が日本で販売されているレモンティーツリーを調査した際に、シトロネラールをほとんど感じないタイプのレモンティーツリーを見かけました。当店で販売されているレモンマートル(CG)タイプと香りが非常に似ており、おそらくシトラール(ネラール)の比率が非常に高いのだと思われます。

レモン調の香りでは下記のようなオイルがありましてその成分の違いなどをこちらで簡単に説明しております。
レモングラス
レモンマートル
メリッサオイル(レモンバーム)
レモンティーツリー

【名前】 ライム(メキシカン)
【英名】 Lime
【学名】 Citrus aurantiflora
【抽出部位】 果皮
【抽出方法】 低温圧搾法
【産地】 メキシコ
10ml/¥440円
30ml/¥920円
100ml/¥2380円
こちらのライムは産地がメキシコとなります。 ライムはドリンクのフレーバーなどによく利用されています。香りは鋭く、苦味があり柑橘系の中では特に鮮烈な香りがします。

弊社のライムオイルは原料選定から採油まで高い品質を維持している製造元から直輸入にて仕入れております。そのためライム特有の甘みが非常に強く、とてもフレッシュで強い香りがあります。安価で販売されているライムオイルの中には香りが極端に軽かったり、ライム特有の苦味があるフレッシュさなどがほとんど無かったりなど特に製造元によっても差が出る精油の一つでもあります。こちらのライムオイルは弊社でも自信を持っておすすめできる最高品質のライムとなりますので一度お試しください。
【名前】 リツエアクベバ
【英名】 Litsea cubeba
【学名】 Litsea cubeba
【抽出部位】 果実
【抽出方法】 水蒸気蒸留
【産地】 中国
10ml/¥280円
30ml/¥500円
100ml/¥1250円
リツエアクベバはレモンのような柑橘系の香りと甘い香りが楽しめます。レモングラスよりレモン調の香りが強くなります。

中国産ではありますが、他の産地にまったく劣ることのない高品質なリツエアクベバとなります。品質的にもこれ以上のリツエアクベバは無く安心してお使いいただけます。






トップページへ