codo トップへ戻る
お問い合わせ
会社概要
code

当店のフレグランスオイルの品質に関しまして
弊社のフレグランスオイルは複数の海外香料メーカから直接卸していただいております。通常香料メーカには香料のグレードがありまして、香りの強さ(持続力)などはそのグレードにより変わってきます。弊社ではどのメーカであっても扱っている中で最も香りが強いものを仕入れるようにしておりますので、少量でも非常に香りが強く、持続性も高いものとなります。そのため下記でご説明している使用濃度を極端に超えず、何度か試しながらお使いいただきますようお願いいたします。

フレグランスオイルの使用期限につきまして
フレグランスオイルは冷暗所保存で使用期限は1年となっております。
フルーツの香り、甘い香り、ローズ、ラベンダー、などは2年程度経っても香りは変化せず上記期限を過ぎても使用に問題ありませんがティーリーフジャスミン、マグノリア、カラーリリーなどのリーフ系はフレグランスオイルの中でも特に繊細なため使用期限が短く(香りが温度、光によって変化しやすい)ため可能であればお手元に届いてから6ヶ月以内にお使いきりください。特に日光などの光のあたる場所での保管は避けていただきますようお願いいたします。

※フレグランスオイルは精油に比べ品質が変化しにくく、瓶で冷暗所保存であれば1〜2年は問題ありませんが、当店では一律使用期限は1年とさせていただいております。ただ上記にも記載させていただきましたがリーフ(葉)系の香りは光などに弱く変質しやすいので保管には十分ご注意ください。


アルコールなどが混ぜられているフレグランスオイルに関しまして
他店様で販売されていますフレグランスオイルなどは香りを拡散させるためにイソプロピルアルコールやグリコール(DPG)などで希釈されているものがあります。アルコールなどで希釈されているものと希釈されていないものを比べますとアルコールで希釈されているものの方が香りが強く感じますが、これはオイルがアルコールによって早く揮発しているためでございまして、香りが「強い」という事ではなく、揮発が早いため製品への香りつけには向きません。弊社のフレグランスオイルはアルコールなどで希釈するといったことは行っておらず、揮発防止剤という成分を添加しており、製品などにお使いいただいても香りがとても長持ちします。フレグランスオイルは香りの持続性、不変性(香りが熱、時間によって変化しないこと)、安全性が求められます。


濃度のご説明
弊社のフレグランスオイルは長い販売実績のある海外の香料メーカから仕入れております。非常に安全な香料となりますがあくまでも香りの原料ですので非常に濃度が高く、どのような使い方であっても必ず希釈していただくようお願いいたします。また製造メーカから以下の使用濃度が推奨されております。



手作りキャンドルなど 
6%から9%の間

手作り固形石鹸 4%から6%の間

ボディローション、手作りクリームなど 0.5%から1%の間

 

※キャンドルなどは上記のパーセンテージでも問題ありませんが、香りが取れなくなったりなどもございますので最初は固形石鹸や手作り化粧品などは上記の使用濃度の最低値の半分くらいから少しずつ増やしながらお試しください。

アロマディフューザーでのご使用に関しまして
弊社でご販売しておりますフレグランスオイルは手作り石けんや手作り化粧品のため製造されている香料となりまして、アロマディフューザー
でのご使用は保証対象外となっております。弊社ではアロマディフューザー類の機械等はご販売しておらず、どういった製品であるのかも分かりかねまして弊社のフレグランスオイルを長期使用した際に機械の故障等、どの程度拡散するなども正確分からない状況でございます。大変申し訳ございませんが上記の理由によりアロマディフューザーでのご使用は推奨しておらず、ご使用可能かどうかのご質問頂きましてもお答えできません。何卒ご理解ご了承いただきますようお願い致します。

code